リバティシュシュによる新型コロナウイルスの不活化効果試験

(試験機関:岡山理科大学)

【試験方法】

試験液:リバティシュシュ100ppm pH6.0

ウイルス:新型コロナウイルス SARS-CoV-2 (2019-nCoV/Japan/AI/I-004/2020株)

細胞:VeroE6/TMPRSS2細胞

培地:DMEM

ウイルス力価(感染価)検出法:TCID50法

ウイルス液中FBS(ウシ胎仔血清)濃度:1%

ウイルス液:次亜塩素酸水比率 = 1:19

初発ウイルス濃度:1.0 x 108 TCID50/mL (30µL使用)

【結果】

スクリーンショット 2020-07-15 14.39.22.png
スクリーンショット 2020-07-15 14.43.23.png

【結果】

リバティシュシュで新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する試験を行った 結果99.99%以上の不活化を確認しました。

<pdfデータをクリックしてご確認ください>

シュシュ急性経口毒性試験報告書

スクリーンショット 2020-07-03 15.10.24.png

シュシュ殺菌効果試験

スクリーンショット 2020-07-03 15.10.17.png